本文へ移動

活動報告

ガバナンスフォーラム 「地域社会にワーカーズ・コレクティブの存在を拡げよう」 

2017-03-22
3団体の事例報告
日時:3月5日(土)
場所:ウイメンズプラザ
主催:ワーカーズ・コレクティブネットワークジャパン
 
 2014年12月、ワーカーズ・コレクティブの運動と事業が30年以上継続している要因として、働き方、運営、共育の「ガバナンス構造」が市場労働と対置できる普遍性と未来性を有していると仮説を立て、また、ワーカーズ・コレクティブと地域づくりの関係を浮き彫りにすることを目的に、「ワーカーズ・コレクティブのガバナンス調査(運営構造調査)」を、全国70団体を対象に実施しました。今回は、その結果から見えてきた様々な乗り越えるべき課題の中から、「地域社会にワーカーズ・コレクティブの存在を拡げる」ために「他団体との連携で地域課題へ取り組む」ということと、「連合組織の役割」として「中間支援組織の必要性」をテーマにフォーラムを開催しました。
 当日は千葉と神奈川で連携して課題に取り組む3団体から報告をいただきました。
   ワーカーズ・コレクティブ協会岡田さんの調査報告のなかで「ガバナンス」とは一般的には統治という意味で使われますが、ワーカーズ・コレクティブはあえて「統治」ではなく「協治」としているという、ワーカーズ・コレクティブの組織運営を表わしている報告がありました。
 今後はこの活動を共有し、それぞれの活動に活かすとともに、2017年10月21~23日に北海道で開催する第13回ワーカーズ・コレクティブ全国会議in北海道へつなげていくことになります。
東京ワーカーズ・コレクティブ
協同組合
〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2丁目19-13
TEL.03-3207-1941
FAX.03-3207-1945
ワーカーズ・コレクティブの運動と
事業の発展
TOPへ戻る