本文へ移動

活動報告

働きづくり まちづくり ・・・ワーカーズはまちのコーディネーター・・・

~忘れない3.11~ 被災地を訪問してきました

第6回被災地訪問 7月18日~19日
~忘れない3.11~
「何ができるか、現場に立ってかんがえましょう」
 
東日本大震災被災地を実際に訪問することで実情を知り、復興への道のりに寄り添い、共に歩むため私たちは何ができるのかを改めて考える機会とするため、毎年訪問して6度目となります。
今年も 宮城県(東松島・石巻・女川・南三陸・登米市)を22名で訪問してきました。
 
高橋徳治商店 東松島工場を訪問して

10年程前、学習会で初めて高橋社長の消費材への想いを聴いたときの衝撃を今でも覚えています。震災から6年たち、前へ前へ進んでいかれる話を聴き、私たちのできることは食べ続けることだと再確認しました。(T) 

6年、復興という言葉では簡単であるが、今までの道のりは深く、悲しくとても長かったと強くかんじました。私たちにできることは、材を広め一つでも多く食べる力を増やすことだと確信しました。(Y)

 全体を通して

 「百聞は一見にしかず」。今回の視察に参加でき、大変有意義な時間を持てました。八木さん、須藤さん、女将、はっと汁を作ってくれたおばちゃん、女性の活躍の素晴らしさと、頑張りを見ることができ、元気をもらって帰ってきました。少しずつ信念を持って変わっていけたらと想います。(T)

他ワーカーズの方と話しができ、大変勉強になりました。自分の甘えを強くかんじました。(Y)

高橋社長から工場入り口のオブジェの説明を受ける
女川のカフェゆめハウスにて八木さんと一緒に
南三陸 高台に移転したさんさん商店街
かさ上げ工事で埋もれていく防災庁舎
東松島に向かう仙石線からの車窓
登米市 えがおネットの須藤さんから避難所での取り組みを聞く
東京ワーカーズ・コレクティブ
協同組合
〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2丁目19-13
TEL.03-3207-1941
FAX.03-3207-1945
ワーカーズ・コレクティブの運動と
事業の発展
TOPへ戻る