ともっと事業体

障害があってもなくても共に働き、生きる社会をめざして

誰もが尊厳を持ち、当たり前に働く地域社会の実現をめざし、ワーカーズ・コレクティブの協同労働による柔軟な働く場の可能性を、さらに一歩を進めるため「ともっと事業体」は活動しています。

 
それぞれの事業を超え、連携して取り組む新たな事業
「ともっと事業体」は誰でもいつでも、そのもてる力を発揮できる社会づくりをめざして、社会参加に困難を抱える就労希望者の一人ひとりの働きが、その人らしく働けるための事業をおこなうことを目的として、2017年度4月に立ち上げた共同事業です。
 
構成団体は「地域で共に働くを実現する部会」の5団体
・(N)コンチェルティーノ
・(N)こすもす
・共に働くワーカーズえんこらしょ
・スーユンタン
・(一社)ぷろぼの工房
それぞれの事業を超えて、共に働く場を拡げていくための事業をおこないます。
 
事業内容

就労コーディネート

●様々な就労の場と機会を拡げる

●継続支援のフォーマットの確立

●相談・支援・学習・研修・啓発

●費用の調達と計画立案

●政策提案